ガソリン代の節約にエネキー!

2021年4月20日

エネキーで1ℓ3円引き

モミジ丸

先日ガソリンスタンドに行った際に勧められたエネキーについて考察してみます

エネキーとは

エネキーとはENEOSのセルフスタンドで利用することができ決済手段となります。キーホルダー型なので車のカギと一緒につけておくと支払いも便利。ガソスタの支払い機にエネキーをかざすだけで登録したクレジットカードから決済される仕組み。

現在、使用しているガソリンスタンドではエネキーを使用すると1ℓ3円安くなると説明があったため、エネキーの登録をすることにしました。
エネキー利用することで年間どれくらいガソリン代が節約できるか算出してみます。
私の年間走行距離は25,000kmlとなり、かなり長い距離を走っています。
16kml/ℓの車として年間ガソリン使用量は1562.5Lとなります。
そのため、エネキー使用でガソリン代が3円安くなると年間4687.5円安くなります
決済方法をエネキーにすることで年間4687.5円の節約となります

ガソリン代は年間234,375円

モミジ丸

1年間の走行距離からおおよそのガソリン使用量をもとに年間かかっているガソリン代は?

ちなみにですが私の年間のガソリン代は150円/lと仮定すると234,375円となります。つまりガソリン代だけで一ヶ月の給料がなくなっているということですね。

エネキーを使ってみた評価

エネキーとカード情報を紐づける登録作業にかかった時間は約3分。店員さんの言うとおりすぐに終わりエネキーがもらえます。取得するのに費用はかかりません。とても簡単でした。

実際に給与に使ってみたところ、とにかく簡単に給油できるようになりました。以前は財布を出して、カードやお金を入れて、またカードやお金を財布にしまってと色々面倒だったのがスマートに。ピッとエネキーを機械にあてると給油できてしまうので便利。

エネキーのデメリット

デメリットとしてはなくしてしまったらカード情報が登録されているので、すぐに手続きを行う必要があること。<参考>エネキー紛失した場合の対処方法

また、ENEOSセルフのサービスステーションで使えるが、それ以外では使えない。そのため使えるガソスタを把握しておく必要があること。

次の記事>>【約3分で完成】エネキーの作り方とエネキーの便利な使い方!