現役フリーランスがWebライターで月1万円を稼いだ方法を紹介!

2021年8月28日

Webライターで月1万円を稼ぐ方法
モミジ丸

はじめまして、モミジ丸です。
私はWebライターとして活動を始めて、2か月目で月1万円を稼げました。
この記事は、私の経験談から月1万円を稼ぐ方法を中心に紹介しています。

副業で月1万円を稼げれば、今よりも豊かな生活が送れると思いませんか?

そのような願いを叶えるためにおすすめをする副業は「Webライター」です。

私自身、未経験の状態からスタートし、2か月目で月1万円を稼ぐことに成功しました。

この記事では、私の「1か月目で実践したこと」「2か月目で実践したこと」を紹介します。

モミジ丸

私が初心者の方におすすめをするクラウドサービスは、「ランサーズ」です。
理由は、ワーカーが少ないため優良クライアントの仕事を獲得しやすいためです。

Webライターを始めるには、ランサーズがおすすめ!

私はメインに「ランサーズ」を利用しており、おすすめのポイントは以下のとおりです。

💠登録料は無料!
💠文字単価1円以上の案件が100件以上!
💠ワーカーが少なく案件を確保しやすい!
💠目標金額達成に役立つアナリティクス機能搭載!
💠記事作成・ネーミング・データ入力など仕事内容も豊富!

WEBライターを選択した理由

なぜ、Webライターを選んだのか

はじめに、私が副業としてWebライターを選択した理由を簡単に紹介します。

・ブログの記事作成の勉強のため
・未経験・無資格でもできるため

「イラストレーター」「翻訳家」「プログラムエンジニア」など多くの副業があるなかで「Webライター」を選んだ理由は、未経験・無資格でも仕事ができたためです。

介護福祉士以外にこれといった特技・特徴のない私にとって、選択肢が「Webライター」しかなかったというのが本当のところです。

始めてから2か月間で実践した内容

2か月間の実践内容

それでは、本題である月1万円を稼ぐために実践した内容を報告します。

以下より、「1か月目で実践したこと」「2か月目で実践したこと」に分けて紹介しますので、参考にしてください。

1か月目で実践したこと

私が未経験の状態からWebライターをはじめて、1か月目で実践した内容は以下の4つです。

1.クラウドサービスに登録する
2.プロフィールを充実させる
3.タスク形式を受注する
4.1日1件プロジェクト形式に応募する

これらを実践した結果、1か月目の報酬は約5,000円でした。

それぞれの実践内容についての詳細を解説します。

クラウドサービスに登録する

1か月目ではじめにすることは、クラウドサービスに登録することです。

Webライターとして実績を積むためにも、クラウドサービスの利用がおすすめです。

代表的なクラウドサービスは、以下の2サイトとなります。

・クラウドワークス
・ランサーズ

Webライターは基本的に、どちらのサイトにも登録しています。1つのサービスだけでは、仕事を確保できない場合があるためです。

ただし、初心者の方は「ランサーズ」から始めることをおすすめします。理由は、「ワーカーが少ない」「優良クライアントが多い」ためです。私自身、「ランサーズ」は優良な案件を受注しやすいサイトだと感じています。

モミジ丸

Webライターとして約1年活動した現在でも、「ランサーズ」をメインにしています。

ちなみに、私の場合は「クラウドワークス」をメインにして始めました。しかし、「クラウドワークス」は依頼量が多い一方で、ワーカーも多く在籍しています。そのため、優良案件になると競合が激しく実績の少ない私では太刀打ちできませんでした。

私も「ランサーズ」から始めていれば、もしかすると1か月目から1万円を達成できたかもしれませんね。

Webライターを始めるには、ランサーズがおすすめ!

私はメインに「ランサーズ」を利用しており、おすすめのポイントは以下のとおりです。

💠登録料は無料!
💠文字単価1円以上の案件が100件以上!
💠ワーカーが少なく案件を確保しやすい!
💠目標金額達成に役立つアナリティクス機能搭載!
💠記事作成・ネーミング・データ入力など仕事内容も豊富!

プロフィールを充実させる

クラウドサービスに登録を終えると、プロフィールを充実させましょう。

プロフィールは、クライアントにPRできる重要な情報です。自己紹介にもなりますので、必ず記入しておきましょう。未記入であれば、どのようなワーカーなのか伝わらず、クライアントも仕事の依頼をしにくくなります。

タスク形式を受注する

プロフィールを充実させたら、仕事の受注になります。はじめに受注するのは、タスク形式の仕事がおすすめです。

タスク形式の仕事は、アンケートなどが多く誰でも簡単に受注し、こなすことができます。そのため条件に合うものを探して試しに受注してみましょう。

プロジェクト形式とは異なり、タスク形式はクライアントとのやり取りもないため気軽に挑戦できます。

ただし、タスク形式は数円~数十円と報酬が少ないのも特徴です。いつまでもタスク形式をメインでしていると、稼げないWebライターになってしまいますので注意しましょう。

1日1件プロジェクト形式の依頼に応募する

タスク形式を数件こなせば、プロジェクト案件への挑戦です。私は目標を「1日1件プロジェクト形式の依頼に応募する」ことを掲げ実践しました。

Webライターとして稼ぐためには、高単価のプロジェクト形式の案件を多く獲得する必要があります。しかし、初心者のうちは10件応募しても1件当選するかどうかで、思うように仕事を確保するのが難しかったです。

そこで、仕事を確保することよりも、1日1件応募することに重点をおくことにしました。具体的には、毎日クラウドサービスの新規依頼をチェックし、気になる案件1件に対して30分以上を費やして応募文を作成することです。

それだけの時間をかけて作成しても落選が続いていましたが、応募文でアピールする内容を試行錯誤することで気づいたときには受注できるようになりました。

このように、最初は数多くの案件に応募することよりも、クライアントに刺さる自分のアピール方法を見つけることに注力しましょう。

ちなみに、私はテンプレを極力使わず、アピールポイントや文頭をクライアントに合わせて変更するように心がけています。

モミジ丸

応募分を試行錯誤した結果、Webライターとして1年が経過した現在では、受注確率が3分の1から2分の1と高確率で受注できるようになりました。そして、継続案件も獲得できているため、月数件程度の応募で良くなっています。このように、応募文を試行錯誤した経験は、後々必ず役立ちますので、焦らずに自分のアピール方法を確立することを優先してください。

2か月目で実践したこと

2か月目に実践したこと

2か月目で実践したことは、「得意ジャンルに絞って応募する」「文字単価を気にする」「文章力をアップさせる」です。

これら実践した方法を以下より詳しく紹介します。

得意ジャンルに絞って応募する

2か月目に実践したことは、1か月目に応募した反応の良かったジャンルに絞ることです。

1か月目では、自分に強みのあるジャンルなどは分かりづらく様々な案件に応募していました。その結果、私の場合は介護関係の反応が良かったため、得意ジャンルを「介護関係」としました。

反応が良かった理由は、私には介護福祉士として10年以上のキャリアがあるため、他のワーカーと差別化が図れたためでしょう。このように、自分の得意ジャンルは、趣味・職業経験を活かせるジャンルがおすすめです。

得意ジャンルに絞って応募することで、受注確立を10分の1から5分の1ほどにアップできたと思います。

文字単価を気にする

次に得意ジャンルの案件に手当たり次第応募するのではなく、文字単価を気にするようにしました。

具体的には、得意ジャンルの仕事であれば文字単価1円以上の案件に絞ることです。2か月目であっても自分の経験を活かせるような得意ジャンルであれば、1円以上の案件でも受注は可能です。目標を達成するにも、早い段階から文字単価を気にするようにしましょう。

文字単価が0.5円の仕事と1円の仕事では、単純計算で時給が倍も違います。さらに0.5円と1.5円の仕事では3倍です。初心者だからといって謙遜しすぎると、得られる報酬に大きな差が出てしまいますので注意しましょう。

文章力をアップさせる

1か月目では自分の文章力のなさを痛感しました。そこで、2か月目の課題として「文章力をアップさせる」ことを目標に掲げました。

具体的な方法は、ライティング関係の本を読むこと、クラウドワークスのWebライター検定3級を受験することです。

クラウドワークスでは、Webライター検定3級を無料で受験できるうえに、試験対策の講義動画も閲覧できます。この動画は、初心者Webライターに向けた内容のため、学ぶことが多く私にとってはとても参考になりました。

動画をみるだけでも文章力のアップに役立つはずです。

Webライター検定3級は、一番下位の検定ですが、合格確立は5%以下と高難易度の試験となります。それなりの知識が必要となりますので初心者Webライターは、合格することを目標にすると良いでしょう。

ちなみに、WEBライター検定3級に合格すると、仕事の依頼が増えるかといえば、それは実感できませんでした。しかし、文章力が向上しているため、以前よりも記事がうまく書けるようになったと感じています。

3級に合格した現在、今後の目標としては2級、1級の取得も目指していきたいです。

月1万円を達成する2つのポイント

月1万円を稼ぐ2つのポイント
モミジ丸

実際に月1万円を稼いでみた感じたのは、2つのポイントが重要だということです。

私は、副業としてWebライターを初めて2か月目で月1万円を達成できました。

そのときに感じたポイントは、以下の2点です。

・文字単価は1円以上を目標にする
・1週間に2,500円を目安にする

これら2つのポイントについて、以下より詳しく紹介します。

文字単価は1円以上を目標にする

1つ目の重要なポイントは、「文字単価は1円以上を目標にする」です。

1文字1円であれば、1万円を達成するために必要な文字数は1万文字です。しかし、文字単価が0.5円であれば2万文字で、2倍の労力が必要となります。このように、低い単価であっても月1万円であれば膨大な作業量で超えることは可能ですが、モチベーションを維持することが難しいでしょう。

また、文字単価が1円以上であれば、月1万円以上を獲得できるようになります。先々の報酬を上げるためにも、複数の得意ジャンル作り文字単価を絞ることが重要です。

1週間に2,500円を目安にする

2つ目のポイントは、「1週間に2,500円を目安にする」です。

月1万円を目標とした場合、1週間で2,500円の仕事をこなせば達成できます。文字単価が1円以上あれば、1記事でも達成できる量でしょう。

つまり、目標を達成するには「1週間に2,500円以上の案件を1件獲得するだけで良い」のです。

どうですか?1万円を達成することはそれほど難しくないと感じてもらえたでしょうか。

月1万円を稼いで感じたこと

副業で1か月1万円を稼ぐ

初心者WEBライターとして活動をはじめて2か月。なんとか月1万円を達成できました。

未経験・無資格の状態で、文章力に自信もない私でも月1万円を達成できたので、ほとんどの方は短期間で1万円を稼げるようになるでしょう。

私の感想は、努力した分報酬がアップしていくため「Webライターの仕事」に可能性を感じています。

3か月目以降の目標としては継続案件の獲得を目指しながら、新規の案件にチャレンジしていきたいです。また、今後は月3万円を目標とします。達成できましたら、記事にしていきますのでよろしくお願いします。