WEBライターは本当に儲からないのか?体験談をもとに解説!

2021年6月24日

Webライターは儲からない?

Webライターにチャレンジされる方は、「Webライターは儲からないって聞いたけれど大丈夫?」という不安・疑問がありませんか。

その答えは、「Webライターは簡単に儲からない仕事で、やり方次第でなんとか稼げる」です。

モミジ丸

はじめまして、モミジ丸です。

私自身、介護福祉士として現場で働きながら副業として約半年間Webライターをした後、専業Webライターへ転向しました。私のWebライターのキャリアは合計1年程度とまだまだ新米ですが、経験をもとに挫折しやすいポイント、稼ぐためのポイントを紹介します。

Webライターは決して楽な仕事ではない

はじめに知ってほしいのは、「Webライターが決して楽な仕事ではない」ということです。

なぜこのようなことから説明するのかというと、「Webライターは簡単に稼げる」と勘違いされている方がいらっしゃるためです。

勘違いする理由は、以下のWebライターの特徴にあります。

・未経験・無資格でも挑戦できる
・家にいながらでも仕事ができる
・隙間時間を利用して報酬を得られる
・仕事はクラウドサービスに潤沢にある

これらの特徴を聞いていると、「Webライターが簡単に稼げる仕事」と思ってしまうのも無理はないでしょう。

私も副業をはじめたときは「簡単にできるお小遣い稼ぎ」程度に思っていました。しかし、実際にWebライターとして活動してみると、簡単に稼げないため何度も挫折しそうになりました。

稼ぐためには、半年以上の期間が必要

これまでの説明で、「なんだ、Webライターは稼げないのか」と思うかもしれませんが、そういうことではありません。

Webライターはすぐに20万円を稼げませんが、半年以上続けることで着実に収入が増えていく職業です。半年以上続けることで、5万円程度であれば多くの方が突破できるでしょう。

文章力に自信のなかった私でも5か月で5万円を突破できました。そして、さらに続けることで、月収は10万円、15万円と着実に増えています。

次章では、Webライターを長く続けるためにも挫折しやすいポイントを紹介します。

Webライターの挫折しやすい4つの理由

Webライターが挫折しやすいポイント

Webライターは、はじめるのもやめるのも簡単にできます。そのため、一度でも挫折感を味わうとやめたくなるかもしれません。

しかし、本当に稼げるようになるのは、いくつもの挫折を乗り越えた先にあります。簡単にやめてしまうのはもったいないです。

そこで、挫折を乗り越えられるように、私が感じた4つの挫折と対策方法について紹介します。参考にしてください。

簡単にできると思い込んでいたから

はじめの挫折は、簡単にできると思い込んでいた記事作成の仕事が思ったほど簡単ではなかったときです。

そのようなときは、難易度の高い仕事を気楽に受けてしまった自分への怒りと、「文章力の未熟さ」「ライティングに関する知識のなさ」からくる自分の情けなさで何度も心が折れそうになりました。

私は、このようなときの対応策として、ライティングに関する本を読むようにしています。文章力を向上させて次の依頼に備えることや、「学んだことを次の仕事に生かしてみよう」というモチベーションにつながるためです。

作業時間が想像以上にかかるから

作業時間が想像以上にかかるときは、「Webライターが向いていないのではないか」という不安感・挫折感でいっぱいになります。

作業時間が延びるほどに時給は下がっていき、Webライターとして稼いでいるという感覚が薄まっていくためです。

このように作業時間が延びてしまう主な原因は、リサーチ不足があげられます。そのため、記事作成に必要なリサーチを済ませてから記事を作成するようにしています。

たったこれだけのことでも、執筆中に何度もリサーチする必要がなくなるので効率がアップしますよ。

時給計算すると数百円になることもあるから

初心者Webライターが挫折する大きな原因として、報酬の安さがあります。

初心者Webライターであれば、時給換算にすると数十円から数百円となることも少なくありません。

例えば、タスク形式のアンケートなどは、報酬が安く500文字程度であっても数十円~百円程度の報酬にしかなりません。このような、受注しやすい依頼ばかりに頼って仕事をすると、「Webライターは稼げない」となり挫折するでしょう。

対応策は、報酬が安い案件には手を出さないことです。私自身、稼ぐためには「1文字1円以上」が最低限のラインと感じています。

書き続けることが苦痛になるから

Webライターとして活動し続けると、次第に受注確率があがったり、継続案件が増えたりします。すると、納期に間に合わせるために、毎日数千文字~1万文字を書き続けなければなりません。

慣れていないうちは、この毎日書き続けなければいけない状況が苦痛になることもあります。この納期のプレッシャーに負けてしまうと、大きな挫折感を味わうでしょう。

対応策は、稼ごうとするあまり受注量を多くしすぎないことです。適度に休める仕事量に調整することが重要です。受注量を余裕がある程度にしておくことで、高単価の仕事依頼が見つけたときに、すぐに対応ができるというメリットもあります。

稼ぐための5つのポイント

Webライターは、やり方次第で稼げる職業です。

初心者・未経験者でも以下の5つのポイントを押さえることで、着実に稼げるでしょう。

受注しやすいクラウドサービスを利用する

1つ目のポイントは、受注しやすいクラウドサービスを利用することです。

初心者・未経験者は仕事を受注するためにも、はじめはクラウドサービスを利用しましょう。

クラウドサービスは、クライアントとワーカーを結び付けてくれるサイトです。初心者・未経験者であっても仕事を受注できるのがメリットです。しかし、ワーカーが多数在籍しているクラウドサービスは、1つの案件に複数人が応募するため受注しにくくなります。

そこで、ワーカーの数が適度に少なく、クライアントの質が高い「ランサーズ」がおすすめです。

「ランサーズ」に慣れると「クラウドワークス」、「クラウドワークス」に慣れると「直接契約」とステップアップすることで着実に稼げる額が増えていきます。

Webライターを始めるには、ランサーズがおすすめ!

私はメインに「ランサーズ」を利用しており、おすすめのポイントは以下のとおりです。

💠登録料は無料!
💠文字単価1円以上の案件が100件以上!
💠ワーカーが少なく案件を確保しやすい!
💠目標金額達成に役立つアナリティクス機能搭載!
💠記事作成・ネーミング・データ入力など仕事内容も豊富!

自分のライティングスキルを磨き続ける

次に、稼ぐためのポイントは、自分のライティングスキルを向上させることです。

ライターである以上、文章力・表現力のある方が高額報酬の依頼を受けやすくなります。

とくに私のように、在宅でWebライターをしている方は、自分から意識的にスキル向上を目指していかないとステップアップがしにくいです。クライアントによっては、修正依頼などがないため、どこが良かったのか悪かったのかわからないからです。

そこで、私のスキルを磨く方法として、ライティング関連の書籍や、本を読んだりしています。

自分に自信がついてくると、高単価への仕事へも応募しやすくなりますよ。

1円以下の単価には手を出さない

稼ぐためのポイントは、1円以下の単価の仕事には手を出さないことです。

クラウドサービスでは、大半の仕事依頼が1円未満の単価です。そのため、1円以下の仕事をメインにおこなっている方もいることでしょう。このような単価では、膨大な作業量が必要になります。

「作業の割に儲からない」と不満が募れば、Webライターを続けるのも難しくなります。何度も説明していますが、私の最低限の文字単価は「1文字1円以上」です。

もちろん、文字単価を絞ってしまうと仕事に空きがでる期間もあるでしょう。そのようなときは、文章力を磨く時間に使ったり、ブログを書いたりして次の仕事につながるようにするのがおすすめです。

得意ジャンルを作る

稼げるようになるためのポイントは、得意ジャンルを作ることです。

私の得意ジャンルは、介護福祉士の経験を生かして「介護・福祉」関係や、ネットショップ運営経験を生かした「ECサイト」関連です。

このような得意ジャンルがあると、高単価の仕事を受注しやすく文字単価のアップに役立ちます。また、得意ジャンルの記事は、そうではない記事に比べるとリサーチ量が少なくて済みます。

つまり、得意ジャンルでは「文字単価が高い」「作業時間が短い」というメリットがあるため、稼ぐために必要不可欠です。

自分の好きな趣味・職業経験から得意ジャンルを作っていきましょう。得意ジャンルを増やすほどに、応募できる仕事も増えるため仕事の確保が容易になります。

まずは1万円を稼ぐ

稼ぐためのポイントは、まずは1万円を稼ぐことからです。

Webライターは、手っ取り早く20万円以上を稼ぐことはできません。また、初心者が月何万円分の仕事を受注・納品することも難しいでしょう。

そこで、目標額は低めに設定するのがおすすめです。高すぎる目標設定は、挫折につながりやすいためです。まずは「月1万円」「次は2万円」というように、ある程度の期間をかけて収入を増やすように心がけましょう。

Webライターの魅力とは

Webライターの魅力とは

最後に、私自身が感じるWebライターの魅力を紹介します。

・自分の好きな時間に仕事ができる
・自分の好きな記事にチャレンジできる
・ブログよりも即金性が高い
・家で仕事ができる
・子供との時間を増やせる
・記事作成のためにリサーチするほど自分の知識が増える

Webライターとして新米の私の稼ぎは15万円程度。生活をしていくには、もう少し稼がないといけませんが、今の生活には非常に満足しています。

「Webライターをはじめてみよう」と思った方は、ぜひ仕事を受注しやすい「ランサーズ」からはじめてみましょう!

Webライターを始めるには、ランサーズがおすすめ!

私はメインに「ランサーズ」を利用しており、おすすめのポイントは以下のとおりです。

💠登録料は無料!
💠文字単価1円以上の案件が100件以上!
💠ワーカーが少なく案件を確保しやすい!
💠目標金額達成に役立つアナリティクス機能搭載!
💠記事作成・ネーミング・データ入力など仕事内容も豊富!