フレッツ光とドコモ光の2つの違いは?

2021年6月8日

フレッツ光とドコモ光どっち?
モミジ丸

フレッツ光とドコモ光どっちにしようか迷う!

フレッツ光

NTT西日本、NTT東日本が提供するフレッツ光!光回線といえばフレッツ光ですよね。圧倒的に知名度が高く、光回線事業者として長年の実績があり安心です。また、全国的に光回線を普及させ今日の光回線網の構築をおこなったのがフレッツ光といっても差し支えないでしょう。その光回線網を利用した光コラボやNTTが使用していないダークファイバーと呼ばれる回線を使用した光回線業者などが多数存在します。そのため、フレッツ光が利用できない地域(まだ光回線網が整備されていない地域)は他の光回線サービスも利用できないことが多いです。

NTTdocomoが提供するドコモ光

ドコモといえば日本を代表する携帯会社ですが、光回線の通信事業も行っているのをご存じでしたでしょうか。その名もドコモ光。わかりやすいネーミングですが、ドコモ光はフレッツ光の光回線を利用した光コラボと呼ばれる事業形態になります。光コラボは同じ光回線を利用しているため、どちらのほうが回線速度が速いわけではなく同程度の通信速度が期待できます。(同じ回線のため混雑状況も同じになってしまうため)

光コラボとは?

光コラボは簡単にいえばNTTがフレッツ光のために整備した光回線網を利用し、他社がインターネットサービスを行う業態のことです。NTTといえばドコモですが、携帯に例えるとわかりやすいかもしれません。ドコモの電波を利用した格安スマホ会社があるように、光回線を利用してサービスを展開しているのが光コラボです。

フレッツ光 メリット&デメリット

フレッツ光 メリット

フレッツ光のメリットとしては、光回線を使用したインターネットサービスを長年運用してきた実績あります。通信障害などで度々とまってしまうようでは、困ってしまうことが多々あります。例えば株の売買やFXなどができなくなったりすることがあれば困りますよね。インターネットサービスは通信速度も大事ですが、もっとも大事なのは安定性だと思います。フレッツ光では通信障害がないわけではないですが、長年対応してきた実績がありそれが他の光回線会社との大きな違いだと思います。

フレッツ光 デメリット

フレッツ光のデメリットは他社に比べて割高であるということです。また、サービス面を比べても他社と見劣りすることがあります。また、プロバイダーも一体ではないため解約する際にフレッツ光と契約しているプロバイダと別々に解約する必要があります。
 フレッツ光は多くの方が使用しているため、混雑時には回線速度が低下することがよくおこります。夜や土日になると回線速度が遅いといった声がよく聞かれます。
<対処方法>フレッツ光で夜になると遅くなる回線速度を解決しました!

ドコモ光 メリット&デメリット

ドコモ光 メリット

光回線についてはフレッツ光の回線を使用しているので、回線速度は同程度になります。ドコモ光の最大のメリットはスマホ割りです。ドコモの携帯をお使いの方は携帯料金が割安になりますので、ドコモ光+ドコモ携帯でお得になります。

ドコモ光 デメリット

携帯やスマホがドコモを使用していない方には、スマホ割りが適応されないためメリットがなくなってしまいます。そのため、ドコモユーザー以外はドコモ光にするメリットが少ないです。

どっちの光回線がおすすめ!?

ドコモユーザーであればドコモ光が圧倒的におすすめです。
<おすすめ>お得な光回線はニフティ with ドコモ光!