ダークファイバーとは?光回線の種類を説明します

2021年6月12日

ダークファイバーとは
モミジ丸

光回線でよく聞くダークファイバーって。。。何?

現在多くの家庭で使用されている光回線ですが、ほとんどがNTTが工事した光ファイバー網であることをしっていましたか。NTT東日本、NTT西日本が敷設した光ファイバー網によって今日のインターネットサービスが普及したといっても過言ではないでしょう。

その光ファイバー網についてですが、NTTは他のインターネットサービス会社に貸し出す事業も行っています。そのため、いろいろな通信会社がインターネットサービスを展開することができるようになっています。その光回線の借り方にもいろいろと種類がありますので解説をしていきます。

NTT光回線を利用しているのはもちろんNTT東日本、NTT西日本が提供しているフレッツ光があります。そして貸し出している光回線には、光回線と通信設備そのまま貸し出す光コラボと、光ファイバー網を借り通信設備を別に設けるダークファイバー系に分かれます。

ダークファイバー(ダーク回線)とは

NTTが敷設している光ファイバーケーブルは使用されている数よりも多めに敷設されています。そのため、使用できるけど使用していない光ファイバーが結構存在しています。その使用していない光ファイバーは光が通らず暗いということでダークファイバーと呼ばれています。反対に使用しているものは明るいためライトファイバーと呼ばれます。

ダークファイバーのみを借り、通信設備などは自社で用意するのがダークファイバー系の通信会社になります。有名なのがNURO光です。ダークファイバー系の特徴としては、通信設備が自社になるため、フレッツ光や光コラボよりも混雑せずに安定した接続が可能になります。

フレッツ光や光コラボは利用者数が多いためどうしても混雑しがちです。その混雑時の回線速度低下を避けたいという方にはダークファイバー系はおすすめです。また、最大上下1Gbpsが多くサービスで運営されている通信速度ですが、NURO光ではギガ越えのサービスも展開しています。より速くを求めるならダークファイバー系です!!

光ファイバーケーブル+通信設備などすべての設備をNTTから丸々借りて事業展開している企業は光コラボと呼ばれています。

ダークファイバー系で有名なのが【Nuro光】

ダークファイバーを利用した通信会社で有名なのがNURO光(ニューロ光)です。最大の特徴は1Gbpsを超える通信速度でインターネットを楽しむことができます。既存の回線速度では物足りない方は検討してみてはいかがでしょうか。

Nuro光は提供エリアがまだ全国に広がっていないため、利用できない地域もありますので、提供エリアのチェックは必要になります。しかし、ダウンロード最大2Gbpsで月額料金も他の光回線と遜色ありません。ダーク回線は混雑しにくい回線のうえ、ギガ越え、また料金もお得なので、話題のサービスとなります。

Nuro光への乗り換えを試してみたいところですが、残念ながら私は提供エリア外のため乗り換えできず。早く提供エリアを拡大してほしいところです。

モミジ丸

本当はNuro光に乗り換えたいけど・・・。提供エリア外・・。

<参考>ダークファイバー系のおすすめ光回線 ニューロ光!

自社回線

NTTのように光ファイバーケーブルを敷設している会社は他にもあります。自社回線を用意するため設備投資に莫大な資金が必要になりますが、自社回線であればいろいろなサービスが展開できるメリットがあります。自社回線を使用している有名な通信会社はNTT西日本、NTT東日本です。また、KDDIのように一部を自社回線、対応できていない地域はNTT回線というように併用している通信会社もあります。

NTT フレッツ光ネクスト

NTTの光回線といえばフレッツ光です。そのなかでも、最大通信速度1Gbpsのフレッツ光ネクストは人気があり、たくさんのユーザーに支持されています。しかし、以前よりサービスを提供している影響もあるため、IPv4 Over IPv6に対応するためには別オプション(無料)となっています。

これがフレッツ光の評判を下げていると思いますが、光回線ではIPv4接続のみの場合だと混雑に弱く夜になると回線速度が激遅になります。数百Mbpsの回線速度が数Mbps、場合によっては1以下になることもあります。ぜひとも標準オプションにしてほしいところです。

ギガ越えはNURO光だけではありません。フレッツ光でもギガ越えの通信速度を実現したサービスが展開されています。その名もフレッツ光クロス!最大通信速度10Gbpsとフレッツ光ネクストより10倍も速い光回線が登場しています。これにより、大容量のデータをダウンロードするのにも大幅な時間短縮になりますが、一般ユーザーにはオーバースペックだとは思います。提供エリアもまだ一部に限られているため、今後の展開に注目しています。
<参考>フレッツ光で夜の遅い回線速度を解決!IPv4 Over IPv6への移行方法

KDDI (auひかり)

現在、自社回線を管理しているのはKDDIとNTTになります。KDDIが運営しているauひかりは、自社回線とNTT回線の併用となっています。そのため、全国的にユーザーを獲得でくる一方で、自社回線エリアでは混雑を抑える他、独自のサービスを展開することができます

光コラボ

NTTが敷設した光回線網を借りて事業を行っているのが、光コラボと呼ばれています。光コラボはフレッツ光と同じ回線を使用しているため、通信速度は同等程度と思われます。そのため、光コラボの各企業は新規ユーザーを獲得するために高額のキャッシュバックや、低価格、サービスの向上、スマホ割引など他との差別化するために色々なサービスを実施しています。

新たに光回線を契約する場合にはこういった光コラボの充実したサービス内容を比較してから自分にあった通信事業者を選択してみてはいかがでしょうか。
<おすすめ>ニフティ with ドコモ光ならIPv6標準対応でサクサク!

まとめ

ダークファイバーとは敷設されているが、利用されていない光ケーブルのこと。NTTはダークファイバーを他社に貸し出しており、それを利用しているのがNURO光です。

NURO光はフレッツ光や、コラボ光とは違い利用者数が限られるため高速かつ、安定した光回線を実現しています。

光回線にはダークファイバー以外にも自社回線や、コラボ光などのサービス形態があります。

次の記事>>ニューロ光のおすすめポイント【ギガ越え高速回線】